ピアスとお酒

ピアスを開けるときに、お酒を飲んでも良いのか?

お酒を飲むと血の巡りが良くなって、
出血しやすくなったり
痛みが激しくなると言われていて、
開ける前や開けた日はお酒は飲まない方が良いと
指示される事も多いようです。

ですがビヨンセやリアーナも良く訪れる
ロサンゼルスにお店のチーフピアサーの
ブライアン・キース・トンプソン(Brian Keith Thompson)さんは、
それは間違いであると言っています。

「2、3杯軽く飲む程度なら全く問題ない。
軽く飲む程度なら、お酒を飲んだことで
血が沢山出るなんて事はないよ。
ただピアサーが酔っ払った人に
ピアスを開けたくないだけなんじゃないか。」
とインタビューで答えています。

日本ではピアスを開ける事は医療行為であるとされ、
医師免許を持ったドクターが
ピアスの穴を開けています。
あるサイトではドクターが
「痛みが出たり、出血をする可能性があるので、
飲まない方が良い」
と言っています。
どちらが正しいのか、
判断が難しいところです。

いくつもピアスを開けている方は
だいたいどうなるかを予測できそうですが、
初めての場合は念のため
お酒は飲まない方が賢明かもしれませんね。

コメントを残す

ページトップへ