ボディピアスと消毒薬

消毒薬はボディピアスに逆効果?
ボディピアスを開けた後の
アフタケアについてですが、
以前は一般的に
「マキロンなどを使って消毒をする」
と言われていましたが、
現在では消毒薬の効果は全くなく
逆に治りを遅くしてしまう
と言うのが常識となりつつあります。

消毒薬と言うのは
皮膚の周りの細菌などを殺しますが、
人間が本来持っている
傷を治す細胞なども一緒に殺してしまうのです。

せっかく新しい細胞が再生しても、
消毒液を使う事で細胞が死滅し、
また元の状態に戻ってしまいます。

また消毒液は刺激性が強いので、
肌の弱い人は肌荒れを起こしてしまいます。

消毒薬の正しい使い方として、
ピアスの穴を開ける前に、
消毒薬をガーゼに含ませ、
開ける部分を綺麗に拭きとり、
使用するボディピアスやニードルなどの器具を
綺麗に拭きとります。

消毒ではなく、
綺麗に洗い流す
と言うのが現在での正しいアフターケアです。

コメントを残す

ページトップへ