リップ(lip)のボディピアス位置

リップ(lip)のボディピアス位置

ボディピアスで『リップ(lip)』とは
その言葉の通り、口元の唇付近へ
唇や唇のラインに沿って開けるピアス位置です。
少し口角に近めの、
下唇に開けるのが一般的です。
男性、女性問わず人気のボディピアス位置です。
ラブレットも唇周辺に開けるボディピアス位置ですが、
リップよりも、もう少し下の位置になります。

セルフで開ける方も多いピアス位置ですが、
針を刺す角度などに注意して開ける必要があります。
一般的には唇のラインより数ミリ程度外して開けます。

  • リング(キャプティブビーズリング)
  • ラブレット
  • スタッド

が向いています。

ニードルは18G位の大きさが一般的で、
完治するまでには数ヶ月くらいと早めですが、
人によっては
いつまで経ってもジクジクした状態が続く場合もあります。
触ってしまったり、舌で触れてしまったりする事が
原因になる可能性もありますので、
雑菌の多い手や下などで
触らない様に注意しましょう。

コメントを残す

ページトップへ