ビンディー(Bindi)のボディピアス位置

ビンディー(Bindi)のボディピアス位置

ヒンドゥー教の方が眉と眉の間に
顔料で赤い丸(赤い点)を描いている事が多いですが、
これはビンディーと言って
既婚女性がつける装飾なんだそうです。
薬指の指輪の様なものでしょうか。
このビンディーの位置に開けるボディピアスも
「ビンディー」と呼びます。

中心に一つのみ穴を開けて
マイクロダーマルを埋め込む場合も多いですが、
上下に二つピアス穴を開けて、
サーフェイスバーやカーブドバーベルを通す場合もあります。

顔の中心位置に開けるピアスですので、
しっかりと中心に来るように穴を定めないと、
ずれている事が分かりやすいので、
シンメトリーに見えるように
穴をあける前にかがみで
何度もチェックすると良いかと思います。

皮膚の表面へのボディピアスとなりますので、
排除される確率も高く、
排除された後の傷跡は
顔の正面中心なので目立ちやすいです。

完治するまでには4カ月かかるとも言われます。

コメントを残す

ページトップへ