マイクロダーマルとは?

マイクロダーマルとは、
マイクロダーマル・インプラントと言い、
ボディピアスの一種ですが、
インプラントの一種でもあります。

マイクロダーマルの開け方

一般的なボディピアスは皮膚を貫通して穴を開け、
ボディピアスを通して装着しますが、
マイクロダーマルの場合は、
皮膚に穴を開け、
貫通させるのではなく、
開けた穴にプレート(土台)を埋め込んで装着します。

皮膚に埋め込むため、様々な部位の皮膚に埋め込む事が出来ます。

まず、穴を開ける部分を皮膚ひマーキングし、
マーキングした部分の皮膚を指でつまみます。

つまんだ部分をダーマルパンチと呼ばれる専用の器具で
皮膚に垂直に突き刺し、
グリグリと回して穴を広げます。
人によっては
グリグリと回さずにニードルなどを
プレートを埋め込む方向に再度挿入して
穴を広げる場合もあります。

穴を広げたら流血しますので、
素早くプレート(土台)を埋め込みます。

プレートは楕円形をしており、
ジュエリー部分がつくシャフトがあり、
2つから3つほどの穴が開いています。
シャフトはプレートのセンターではなく、
幅1/3位の位置にあります。
埋め込む際には長い方を先に皮膚に入れてから
短い方を埋め込みます。

プレートに開いた穴は
皮膚に埋め込まれると
穴を通して皮膚と皮膚がくっつき、
プレートが固定されます。

埋め込む際にあまり長く皮膚をいじっていると、
皮膚が傷つき治りが悪くなりますので
出来るだけ素早く埋め込みます。

グリグリと穴を広げる際は
やはり痛みが強いですが、
長く痛みが続く事は稀なため
最近は人気が出ています。

ジュエリー部分が交換可能なものが多いので、
施術部分が落ち着けば
洋服に合わせてトップを交換するのも良いですね。

ただ、マイクロダーマルは完治する事は
ほとんどないと言われていますので、
短期間のお洒落を楽しむ位に思っておいた方が良いかも知れません。

コメントを残す

ページトップへ