ヒップ(Hip)のボディピアス位置

日本人だとヒップと聞くと
「お尻」のあたりをイメージする人が
多いかと思いますが、
ヒップとは骨盤あたりの腰をさす英語で
ボディピアスで「ヒップ(Hip)」とは、
体の前面の腰辺りのピアスになります。

ヒップ(Hip)のボディピアス位置

おへそを挟んで左右の骨盤の上あたりに骨盤に沿うような斜めに角度をつけて穴を開ける事が多いです。

両端が直角に折れ曲がり、先端にバーベルのついたサーフェイスピアスなどは体に負担が少なく向いていると言われています。
長めのバーベルを使用する事で、排除の確率を減らす事が出来ます。

最近はバーベルよりも、皮膚に埋め込むマイクロダーマルの方が排除の確率も低いとされています。

  • サーフェイスバー
  • マイクロダーマル

穴をあける際に深く刺しすぎると、細胞の組織を破壊してしまいますので注意が必要です。
約1ヶ月半から3カ月ほどで完治すると言われています。

アフターケアはしっかり行い、ピアス周辺は常に清潔に保ち、薬用せっけんで優しく洗います。

コメントを残す

ページトップへ